めずらしく現代、おもひでぽろぽろ

おもひでぽろぽろ

めずらしく現代、おもひでぽろぽろ

幼い頃の回想シーンと、現代の成人女性の心をうまくリンクさせて作った作品。小学校5年のときの岡島タエ子と、27歳に成長した岡島タエ子の心情をしっかりつづった、女性にはすごく共感できる物語ではないか?と思います。

都会の生活に何か疑問を持っているOLさんが多くなっているから、ガーデニングとか家庭菜園が人気になっているんだろうな、と思うのですが、この主人公、岡島タエ子もその一人。田舎の有機農業を真面目にやっている成年との出会い、有機農業も、繊細に紹介し、さすがジブリの作品だな、という感じを受ける作品です。

この作品は、高畠さんが作り出しているものですが、やはり高畠さんらしさ、というものが出ています。「幻想的なのは、思い出だけ」というコンセプトのようなものを、ひしひしと感じるのですよ。現代の27歳の岡島タエ子が、農業にいそしむ場面では、土の臭いを感じるような色合いや絵柄を感じます。

アニメにはないような豊かな表情。泣くときにできる顔のしわや、口の表現が、本当にリアルだな、と感じるのです。この作品を見て、なんだか切ない岡島タエ子の心に、共感した同年代の女性は多かったのでは?と思います。

アニメで、成人女性がこういった形で表現される、というのも、ジブリの作品ならでは、という趣向だと思いますね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional