ジブリ作品で「説教」されてください

ジブリ作品で「説教」されてください

ジブリ作品で「説教」されてください

私は、ジブリの作品を、何度も何度も見ています。ナウシカに至っては、もう本当に何回見たかわからないくらい見ていますし、トトロ、千と千尋、ハウル、天空の城・・どれも、台詞をいえるくらい、何度も見ています。

見るたびに、発見があるのです。見るたびに、思うことがあるのです。現代の私に、「あなたはこれでいいの?」という訴えかけが、いつでもある、という気がします。

親を忘れそうになる千も、お母さんの所に泣きながら走るメイも、はだしで走るさつきも、みんなみんな私たちが通ってきた道だな、と感じるのです。

思春期の頃には、親を忘れて遊びまわっていたし、親が疎ましかったりしたし、小さい頃にはお母さんが恋しくて泣いたこともあったし、お姉ちゃんがいたから乗り越えることができた、ということもあった。

強いものにひれ伏してしまった自分の弱さを悔やんだり、立ち向かった勇気が嬉しかったり、色々な思いを抱いて、成長してきたな、という過去を、ジブリの作品を見ると思い出すのです。

亡くなってしまったおばあちゃんが教えてくれたことが、親になってから役に立ったり、お父さんに言われた小言も、今になってわかる、ということが、ジブリの作品の中に、たくさん、それこそあふれるくらいにあると思うのですよね。

私たちが忘れてしまった感情や、なくしてしまいそうな自然、人と人との信頼や通じる心、というものを、容赦なく定義してくれるジブリの作品は、私のバイブルといえるアニメなのです。

よく、宮崎駿さんの作品は、「説教くさくていやだ」という人がいます。でも、その説教から、目を離さないで欲しいな、と思うのですよ。だって、大人になると、説教してくれる人って、本当にいなくなってしまうでしょう。

ジブリの作品を見て「説教されてほしい」・・私も毎回「説教」されています。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional