天空の城に出てくる魅力的な人物、もの

天空の城に出てくる魅力的な人物

天空の城に出てくる魅力的な人物、もの

ジブリ作品には、ジブリならではの登場人物と、小物、物体が出てきます。天空の城ラピュタで言うと、まずは天空石。思いを感じる、危険を感じると、力を発揮するという不思議な石です。これは、天空の城ラピュタを動かす原動力ともなっているもの。

さらに、このラピュタに登場する凧や飛行船。凧は、その風体や使い方から、ナウシカが飛び乗っていたテーヴェに良く似ていますが、つくりはもっと古い、という代物。登場する飛行船も、ナウシカに通じるものがあります。

人の魅力、というと、ラピュタに関しては、ドーラー一家でしょうね。おっちょこちょいの息子二人を従えたこわーい空賊。でも、どこか人情味溢れる魅力を持つおばあさんドーラー。始めはシータの天空石ほしさから追い掛け回すという役ですが、政府側のムスカのような汚いやからは大嫌い、という人のいい空賊、という奴です。

少ししかでなかったけど、ジブリの森にもいるロボット兵も、充実に天空の城の主を守ろうとするその姿勢、少し不気味な風体でも、愛着のある、ジブリならではのキャラクターといえるでしょうね。

天空の城もそうですが、ナウシカでも、「強い力をもつものを悪に利用することはいけない」という教えが埋め込まれています。巨神兵も天空石も、強い力を持つからこそ悪にねらわれやすい、使わないに越した事がないもの。現代でいうと、恐ろしい原爆などの核兵器や兵力になるでしょうね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional