泣けてどうしようもなかった火乗るの墓

泣けてどうしようもなかった火乗るの墓

泣けてどうしようもなかった火乗るの墓

ジブリの作品で、二度と見たくない、と思ったのが、この火乗るの墓なんです。私は戦争を知らない子供たちの一人。ただ、父が、長崎の出ということもあり、原爆というものの恐ろしさ、というのは、常に聞いてきました。

火乗るの墓は、そんな悲惨な戦争を非常にリアルに書いた作品。なぜこんなにもリアルなのか?それは、この火乗るの墓という短編小説は、野坂昭奴さんという方が実際に体験された戦時中の出来事を、物語にした、というものだから。

その心情を、宮崎駿さんが、見事なまでに、アニメのなかに再現しているのですね。だから、戦争のみにくさや人間の極限状態、当時の世情といったものを、本当にリアルに描いているのです。

見ていて、本当に切ない。実際に自分に子供が出来てから再度見ることになってしまったのですが、そのときには、更に切なくて、悲しくて、夢に出てくるくらい、心に究極に残ってしまったアニメです。

父も母も、当時はこういう子供達が溢れていた、といい、本当に暗い悲しい眼をして見つめていたのですよね。辛い体験は当時子供だった母や父よりも、きっとおばあちゃんやおじいちゃんのほうが、ずっと辛いのだろうけど。

こんな事があってもいいのか?と思いますが、実際にあった出来事なのです。今の自由な節操のない日本とは全く違う軍事下の日本は、規則によってがんじがらめで、戦争によって、10代が特攻隊になる時代。今では考えられないことが、現実だったのです。

泣けてどうしようもない作品だからこそ、戦争下の庶民が、どのように暮らし、どのように亡くなっていったか、苦しい作品だからこそ、お子さん達に見せて欲しいと思うアニメです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional