豚がどうしてたそがれる?紅の豚

豚がどうしてたそがれる?紅の豚

豚がどうしてたそがれる?紅の豚

大作!というジブリ作品が続く中、この紅の豚は、まさしく「娯楽」というイメージの強い作品、といっていいでしょう。

豚がかっこいい役柄ですよ。世界大恐慌のイタリアを舞台に、飛行艇を乗り回しているのは、飛行機に乗れっこない、飛行機なんて似合わない、という空賊。空賊って言うと、天空の城ラピュタに登場した、ドーラー一家を思い出しますよね。

その空賊の豚軍団を追い回す賞金稼ぎのニヒルな豚の物語。紅の豚を見ていない人は、なんのこっちゃ!?と思うでしょうけれど、ハードボイルドにはまりすぎ、という感じの豚ポルコがいつのまにかかっこよく見えるから不思議です。だって、ポルコ・ロッソの声を演じているのが、あの、「森山周一郎氏」ですよ!!かっこよくも聞こえますって。

それに、この紅の豚のキャッチコピーが、コピーライターとして有名な糸井重里さん、というのが、すごい。ちなみに、紅の豚、キャッチコピーは、「カッコイイとは、こういうことさ」(だから豚なんだよぉ 笑)これも、はまったなって思います。

それに、劇中できく、「飛べない豚はただの豚だ」というのが、更に笑いを誘う・・だって、豚は豚でしょうぉ。でも、このアニメを見ると、豚が豚じゃなくて、うーん、なんとも魅力的な男くさーい男、ポルコになってしまうんですよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional