魔女の宅急便でどじな魔女に出会う

魔女の宅急便でどじな魔女に出会う

魔女の宅急便でどじな魔女に出会う

魔女って言うと、何でも出来て、いいな、と思うことが多いですよね。練習中って言っても、どんなことに苦悩しているのか、また魔女が普通の女子の何だ、ということを物語にしている、ということは、あまりないと思います。

魔女の宅急便は、修行に出るという昔ながらの魔女の町のおきてにしたがって、町に修行に出たキキが、普通の人間の暮らしを知りながら、やがて町になじみ、恋をして、色々な壁にぶつかりながら、いっぱしの魔女になる、というお話。魔女の宅急便では、ジジという人間の言葉を話す猫が登場します。

キキよりも、ずっと大人のテトーは、どんどん人間の言葉を話せなくなっていき、行き詰っていくキキの心情は、この思春期の年代の子供たちにある、色々な心の葛藤を見せてくれます。

ジブリならでは大スペクタクル場面も、飛行船墜落、という事で見ることが出来ますし、ここでも、飛行船、という大空に夢をはせた乗り物が、登場しているのです。うまいですよね。ジブリ作品は、こういった乗り物や背景、不思議な感覚の乗り物などを作るのが、本当に上手です。

それに魔女って普通、アニメに出てくる魔女は、ほうきにのるのが上手でしょ。キキは下手。何か魔女、という特別の存在ではなくて、魔女だって、普通の女の子、ということが、よくわかる作品となっています。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional